2012年06月26日

救助犬セミナー



この週末
山中湖で行われたワークショップ
(救助犬のセミナー)に
LALAちゃんと参加してきました犬リボン

RIMG0159.JPG

このセミナーの講師をしてくださった
アンディ先生とマーシャ先生満月

RIMG0342.JPG

(詳しいご紹介は下記参照)
http://sardogseminar2012.blog.fc2.com/?mode=m&no=1

ちょっと専門的な話になってしまうので
はしょってしまいますが
今回のセミナーは救助犬といっても
遺体捜索に重点を置いたもの。

私自身は今まで
捜索作業は生体のみで
遺体捜索は実践はもちろん
教えた経験すらなかったのですが
今後の勉強、またいま現在のトレーニングの
視野を広げたいということもあり
参加してきました

(セミナーは座学とシュミレーションの混合
写真はシュミレーションのみ)

まずは犬に「遺体疑似臭」を
教える「刷り込み」というもの。

RIMG0278.JPG

均等に並んだブロックのなかは
遺体疑似臭のあるものと無いもの。

写真はブロックが幾つもありますが
最初は疑似臭のあるひとつだけのブロック
からのスタートでしたひらめき

RIMG0250.JPG

集中させてます。。。

RIMG0175.JPG

RIMG0253.JPG

一つひとつブロックの匂いを
嗅がせて

RIMG0260.JPG

遺体疑似臭のあるブロックでは
匂いを感知したら報酬を与えます

その後
告知動作も導入。

告知動作とは犬が匂いを感知した時に
それをハンドラーに教える動作のこと。

ちなみにLALAは生体では
「吠えて知らせる」ことを教えてあったので
色々と思うところがあり
今回の遺体臭でも同じ「吠える」にしました

この告知動作は
参加したデモ犬それぞれで

RIMG0277.JPG

座って知らせる甲斐犬のサラダ犬

RIMG0280.JPG

伏せて教えるパーソンラッセル犬
(お名前忘れちゃいました・・・)

RIMG0185.JPG

スクラッチするシェパードのマナ犬

様々です位置情報

今回セミナーに参加したデモ犬は10頭るんるん

他に

RIMG0291.JPG

スプリンガーと

RIMG0289.JPG

ラブちゃんなどがいました
お写真無いワンもバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
なんせ一人参加だったもんで
写真がめっちゃ少ないですたらーっ(汗)



このセミナー
所属団体などが全く関係なく
希望者が参加うることが出来るとても開放的な
セミナーだったので
なんと全国の11団体が参加してましたひらめき

そのなかでJKCの救助犬(が、主)だったのは
私のLALAちゃんと
上記の写真のアンバーくんのみ

最初は分かりませんでしたが
三日間を通して見ると
やはりLALAとアンバーには共通点があったように思えます
ハンドラーは神奈川と四国
一度も一緒に練習なんてしてないのに
出来上がる犬がなんとなく似てるなんて不思議です

えーっと
話が逸れましたが

刷り込みという作業
非常に地味な作業ですが
この初期段階を丁寧に丁寧に
根気よくやることがちゃんとした犬を作る基本

アンディせんせいはこの刷り込み作業を
初期の犬には一日に25回
それを一カ月続けるとおっしゃっていました

ものすごい回数だと思います

今回参加したセミナーは三日間という
強行スケジュールだったため
刷り込みを充分に行う時間はなく
駆け足でしたケド。。。

RIMG0163.JPG

休憩時間のヒトコマがく〜(落胆した顔)
ちゃんとベンキョーしてますよー(笑)

続いて
ある程度刷り込みがされた?時点で
原臭を置いて探すという作業へ。

RIMG0191.JPG

原臭は右のラティスの向こう側においてあります

RIMG0201.JPG

この作業を一日目にやったとき
LALAは「何を探すべきか。どこをどう探すのか」
正直全く理解していないと感じました

LALAは今まで
生体の、しかも屋外での瓦礫捜索しか経験がなく
遺体の原野捜索など未知だったからです

捜索は屋外でも行われました

RIMG0211.JPG

RIMG0212.JPG

シェパードのマナちゃん
無事原臭に辿り着きましたー(長音記号2)

RIMG0223.JPG

超べっぴんさん。。。黒ハート

RIMG0226.JPG

同じくデモ犬・ゴールデンるんるん
手前がヒットくん
奥がモニカちゃん

余談ですがモニカちゃん
私の修行した須山訓練所の出身のゴールデンかわいい
まさかこんな所で
偶然ピーターの血統に会えるなんてexclamation
なんだかとっても嬉しかったですぴかぴか(新しい)

またも脱線しちゃいましたダッシュ(走り出すさま)

というか
もう写真もないので一気にまとめに
入ります(笑)

一日目★

刷り込みも不完全で
告知動作は勿論誘導
室内捜索、屋外捜索ともに
かなり誘導して原臭までたどり着かせた
感じだったLALAちゃん

二日目★

この日初めての刷り込みで
自主的な告知動作が見られました
LALAが「なにを」探し
「どう」するべきなのか
理解し始めたと感じました
屋外捜索では自力で原臭に辿り着き
その捜索時間も短時間

三日目★

LALAが原臭を覚えた。
狭く、誘惑の少ない室内での捜索では
まったく迷うことなく原臭に直行
告知動作もスムーズ
屋外捜索でも風向きできちんと匂いをキャッチ
自力で原臭に到達
告知。

というように
今回のセミナーでLALAはたった三日間でも
大きく伸びて
屋外捜索ではマーシャ先生に
とても良いトレーニングをしてきましたね、という
お言葉を戴きました。
一番嬉しい言葉。。。

生体の捜索と遺体捜索
教える過程で違いがあるので
LALAは迷ってしまった部分もあったけれど
きちんとそれを克服した状態でセミナーを終われたことは
一安心でした

シュミレーション、座学
今回のセミナーで学ばせて頂いたことは多く
とても有意義な時間を過ごせました

また
今回のセミナーを通して一番感じたことは
もっと救助犬という世界がオープンであってほしいということ。

アンディ先生とマーシャ先生が
セミナー中に何度もおっしゃっていましたが
また何か震災や災害があったとき
幾つもの救助犬団体が集まるでしょう
そのとき、お互いが知りあいだったり
それぞれのトレーニング方法を知っていれば
無駄がなく、円滑に作業を進めることが出来る、と。

本当にそうだと思います

それぞれの団体にやり方や思惑の違いはあっても
救助犬は人を助けるためにある
その根本は同じなのだから
もっと協力できる体制を作っていければいいのに
と強く感じました

またこんな機会に恵まれた時には
是非参加したいです


このセミナーに
LALAという最高のパートナーと参加出来たこと
どんな形であれ
今後の糧にしていきたいと思います

参加させて下さったLALAママさん
この場をお借りして
お礼申し上げます。
ありがとうございました。



かわいいおまけ


RIMG0219.JPG
posted by dog school WAX at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | わんこ日記