2010年03月22日

犬と生きる。



ダラスも5歳になり
もうすぐ一カ月が経とうとしています


犬の一生は本当に短い。
犬にとって幸せってなんだろう。


私の好きな本にこんな一説があります



動物はひとを恨まないし、感謝もしない
彼らはそんな風には考えない
ただ生きて
死ぬときに死んでいく

こんなに苦しいなら殺してほしいとも思わないし、
殺されるならあなたに、とも思わない
彼らが何を望んでいるか僕らにはわからない
だから僕らは自分の気持ちで判断するしかないんだ
どれだけ愛したか。

どれだけ本気で考えたか
どれだけ目をそらさずにいたか
どれだけ本気で向き合ったか
それがひとのエゴだとしても、僕らはそれでしか
自分の気持ちでしか結果を判断出来ないんだ







結局は犬の望みや本音なんて人間側の想像でしかない。
だからこそ
犬はこうしたかったんじゃないか
だからこうしてあげるべきだったんじゃないか、なんて後悔してしまったりするのだと思います。


ひとが犬にしてあげられることって
愛情を100%で向き合ってあげること


そして
犬にとって何が必要なのか真剣に考えてあげること



私はその必要なことの最低限として

分離不安にしないこと
他人を恐いと感じさせないこと

ではないかと思っています。



健康なうちはいい。
でももし
大きな怪我や病気をしてしまったら
もし入院が必要な状態だったら

その時もし犬が飼い主と離れて精神が不安定になる犬に育っていたら
他人に触れることを極端に嫌って警戒心を解けない犬に育っていたら

その犬は満足な治療も受けられずに
もしかしたらそのせいで命を落とすかもしれない。




大袈裟かもしれない
考えすぎかもしれない


でも可能性がゼロではないから
私はその心配をゼロにしたい。


いざって時に犬に不安な思いをさせたくない。

飼い主が傍を離れること
知らない人が触ること
大丈夫なんだって、普段の生活のなかで経験させて教えておきたい。

だって犬には
言葉が通じないから。


犬と生きる。

なるべく長く
なるべく幸せに。

その方法は、本当に小さなことの積み重ねだと思います。




これは、私が訓練士とゆう仕事を通して学んだ
いち飼い主としての考えです。



posted by dog school WAX at 22:35| Comment(6) | TrackBack(0) | わんこ日記
この記事へのコメント
これって永遠の課題かも。
答えのない課題。
でも嬉しいことや悲しいことは分かるから。
出来る限り快適な生活を送らせてあげたいと思っています。
でもそう思っても絶対に後ろを振り返るときってあるのよね。
何回繰り返しても同じ課題にぶつかり、同じ疑問を抱く。
Posted by ノアピョン at 2010年03月24日 17:57

「絶対に後悔しない」なんてことは
悲しいけれど無いんだと思います。

けれど
それも含めて愛した証拠。

自己満足かもしれないけれど
せめてそれがすこしでも小さくなるように
犬と接していきたいです。

Posted by WAX at 2010年03月24日 21:44
素敵な詩をありがとうございます。
そして、飼い主の心構え・・・
犬のためにどれだけ愛情を注いであげれるか・・
ただ可愛い・・猫っ可愛がりでは、かえって、
犬を不幸にしてしまうのです。

ななが、少し分離不安の状態だと思います・・
ひどくはないのですが・・
ドッグランで遊んでても、怖くなるとすぐ私の元へ戻って来ますし・・
ペットホテルへはちと一緒に預けた時は、
はちは元気に遊んでるらしいのですが、
ななはスタッフに付いて回ってばかりだそうです。
スタッフがいない時は、遊ばずに部屋の隅で丸まって寝てると言われました^^;
わんちゃんより、人間の方が好きなんですよ^^;
これは犬の性格もあるのでしょうけど・・・
どんな風にすればいいのでしょうか?
私が一緒だと、散歩中やドッグランでも、
他のワンちゃんとも仲良くしてます(^o^)v
Posted by 仔猫 at 2010年03月31日 14:47

仔猫さん

犬にも個々の性格がありますから
オヤツが好きな子とボールが好きな子がいるように、
犬と遊ぶのが好きな子と
人に触ってもらうのが好きな子
それぞれです。
ワンコと遊べないから分離不安ってことではないと思いますよ。

ななちゃんくらいなら
きっと大丈夫だと思います。

Posted by WAX at 2010年04月02日 00:00
ありがとうございます(^o^)v
そう言っていただけて、安心しました!
でも、これからもただ甘やかすのではなく、
きちんと人間と共存できるよう、
最低限の躾をピシーッとしていきたいと思います。

ありがとうございましたm( _ _ )m
Posted by 仔猫 at 2010年04月02日 15:32

仔猫さん

そうですね
しつけはやはり必要なものだと思います。

ピシーッと頑張ってください☆

Posted by WAX at 2010年04月05日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36608950

この記事へのトラックバック